穂高やまこの学校 穂高やまこの学校紹介 やまこの生態 やまこの飼育 天蚕の歴史 天蚕製品

穂高有明  安曇野穂高やまこの学校 お問合わせ メール

謹 賀 新 年

平成31年度の募集要領は暫くお待ちください。
30年度講座実施レポート

新着情報 掲載記事

やまこの学校は安曇野クラフトゲート匠の杜と提携して運営しています

1月6日穂高交流学習センター「みらい」で開催中の展示会の様子が市民タイムスに掲載されました。
12月15日 展示会繊維のダイヤモンド~天蚕と天蚕糸について学ぼう~を新年1月31日まで開催しています。
10月24日 安曇野の天蚕糸と薬師寺の繍仏画をめぐる歴史ロマンを掲載しました。
7月29日 繍仏(しゅうぶつ)について市民タイムスで紹介されました。
6月26日 さとやま楽校特別講座について市民タイムスで紹介されました。
6月20日 さとやま楽校特別講座について信濃毎日新聞で紹介されました。
6月19日 蓼科山聖光寺住職の松久保秀胤師をお招きしてさとやま楽校特別講座が開催されました。
6月14日 奈良・薬師寺の繍仏にエメラルドグリーンの刺繍糸が使用されることが信濃毎日新聞で紹介されました。
6月14日 古田春江校長が開発した刺繍糸が奈良・薬師寺の繍仏に使われることが市民タイムスで紹介されました。
4月18日 古田春江校長が参画している山蚕プロジェクトがMGプレス創刊号のトップページで紹介されました。
3月20日 やまこの学校の新年度講座がタウン情報で紹介されました。
2月2日 古田春江校長が市民タイムスで紹介されました。

集繭  体験記 エメラルドグリーン

江戸の天明年間、安曇野の穂高有明地方で野生の天蚕を採集して飼育が始められました。
爾来、天蚕幼虫と緑色の繭に魅せられた人々が、養蚕と製糸の技術を守り伝えてきました。
安曇野では天蚕を「やまこ」と呼んで慈しんでいます。
やまこの学校は天蚕飼育の伝統を守り伝える活動を推進しています。


29年 実施レポート / 28年 実施レポート / 27年度 実施レポート / 26年度 実施レポート / 25年度 実施レポート / 出前講座実施レポート
平成25年度~平成27年度の「やまこの学校」の講座は長野県の「地域発 元気づくり支援金」事業として実施しました。
平成25年度の「やまこの学校」の活動は松本地方事務所長賞を受賞しました。
穂高やまこの学校

supported by
<安曇野ふるさとづくり応援団> <安曇野案内人倶楽部> <クラフトショップ安曇野> <安曇野風来亭>
写真提供 : 写真家 新開 孝氏 & 北條純之氏 inserted by FC2 system